7/1(月)~7/7(日)全国安全週間 開始

厚生労働省では7月1日から1週間、「全国安全週間」を実施されます。

今年で92回目となる全国安全週間は、労働災害を防止するために産業界での自主的な活動の推進と、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的としています。

今年のスローガンは、『新たな時代に PDCA みんなで築こう ゼロ災職場』です。

労働災害防止のために、事業者が労働者の協力の下に、マネジメントシステムの基本をなす「計画(Plan)-実施(Do)-評価(Check)-改善(Act)」(「PDCAサイクル」という。)という一連の過程を確立し、事業場での自主的な安全衛生管理をより一層推進するとともに、安全な職場環境を形成するよう呼びかけているそうです。

 

6/1~6/30まで準備期間として設けられており、弊社でも準備をしてまいりました。例えば全国安全週間のポスターを計量作業をする台貫場に、お客様にも従業員にも共に意識して頂けるよう貼り出しました。

また6/24(月)には中央労働基準監督署主催の「中央安全推進大会」に参加し、安心して働くことができる職場づくりを目指し、労働災害防止の重要性から特に「ヒューマンエラーの防止対策」を学び再認識した上で、社内にて周知徹底いたしました。

6/25(火)には、東京労働基準協会連合会主催の安全教育研究会にも参加し、
①心肺蘇生法とAEDの実技 ~いざという時のために~
②フォークリフト作業の災害事例と安全ポイント ~安全技能の向上を目指して~
③多発する転倒災害にどう取り組むか ~その実態と防止対策~
を学び、こちらも社内にて周知徹底を行いました。

これからの1週間は、特に労働災害が起こらぬよう、安全確認を皆で行いながら作業して参りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。