11/13(火)~11/15(木) 東京都立蔵前工業高等学校インターンシップ実施

11/13より、東京都立蔵前工業高等学校から7名の生徒さんが3日間の弊社インターンシッププログラムに参加しました!

インターンシップの様子を写真付きでお届けします。

【1日目】場内見学、ロールプレイング
まずは座学で森本鐵鋼産業の事業やリサイクル業について学んでいただきました。
午後からは工場の見学と、名刺交換・電話応対のロールプレイングに挑戦。慣れない立ち居振る舞いに緊張しながらも一生懸命取り組んでくださいました。最後にグループディスカッションを行い、現在、産業界で起こっていること、今後、産業界で起こることについて話し合いました。

 

 

【2日目】実技体験
いよいよ作業員の指導の下アーク溶接と非鉄の選別を実践です。今回は特に溶接作業が好きな生徒さんが多く、授業と実践の違いに苦戦しながらも皆さん楽しく作業していたのが印象的でした。

 

【3日目】計量と設計・修了式
まずは『計量』、2日目に選別した非鉄の量を量りどれだけの歩掛や利益が出たのか計算しました。今までの体験を踏まえて、より働くことの価値を実感していただけたのではないでしょうか。
後半は『設計』、冷媒管のプラスチックを安全に取り外すための『冶具の設計』をして頂きました。短い時間ではありましたが、皆さん緊張も解けたのか和気藹々と意見交換をしながら設計図を書き上げそれぞれ個性的な冶具を発表することができました。

最後に、弊社社長から直々に修了証をお渡しして全プログラムを終了しました。

今回は学校で学んだ技術を実社会で生かせるようにという思いで、溶接や溶断などの実習時間を設け、専門家による実践的なアドバイスを行いました。この経験がお役に立てれば幸いです。

3日間ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です