1/17(金)臨時安全パトロールの実施

本日で、1995年(平成7年)1月17日5時46分に発生した阪神・淡路大震災から25年を迎えます。


阪神・淡路大震災は、兵庫県淡路島北部を震源とする都市直下型地震で、地震の規模を表すマグニチュードは7.3、当時観測史上初の震度7を記録しました。死者6434人、住宅被害は約64万棟に及び、第2次世界大戦後に発生した地震災害としては、東日本大震災に次ぐ被害規模だったそうです。

大都市直下型の阪神・淡路大震災は、建物の倒壊とそれに伴う火災が深刻な被害をもたらしました。市街地には耐震基準を満たさない古い木造住宅が多く、犠牲者の大部分は圧迫死だったことから、その後、国による建物の耐震強化の推進につながりました。また1995年は「ボランティア元年」とも呼ばれています。震災復興のため、多くのボランティア団体が設立され、延べ100万人以上が支援活動に携わりました。1998年には議員立法による特定非営利活動促進法(NPO法)が成立し、災害ボランティアが社会に根付くきっかけとなりました。
(参考・出展:内閣府『防災情報のページ』)

 

 

さて本日は、阪神・淡路大震災の発生日を受け、臨時安全パトロールを実施しました。今回のパトロールでは、地震時を想定して飛来落下物の確認、火災発生時の対処の確認、緊急連絡先・避難表示の確認等を重点的に行いました。

台貫場内(左)は、異常ありませんでした。倉庫内(右)は、棚上の荷物が落下しないよう積み替えをしロープ等で結束しました。またヤード内資材も倉庫同様、落下防止対策としてロープ等で結束しました。その他は異常ありませんでした。

阪神・淡路大震災を振り返り、改めて自然災害の恐ろしさを学び、緊急時の対応をいかに行うべきか再確認をする良い機会となりました。これからも安全に配慮し、作業を行って参りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です