1/16【安全衛生会議】1/18【臨時安全パトロール】の実施

今朝は粉雪が降り昨日と温度差が厳しい季節となりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

最初に1月16日に生産管理グループが安全衛生会議を行いましたのでご報告させて頂きます。
現在新作コロナウイルスの収縮が見込めない為、今回新たに感染予防対策が追加されました。複数の人が出入りし感染リスクが高い作業場では不織布のマスクの着用の継続、新たにフェイスシールドの着用が決定しました。また昼食の時間変更、場所を新たに設けることになりました。
この時期に受験や就職試験を控えていたり、高齢の家族と同居しているご家庭にも安心して通勤して頂くこと、何より社内感染等、不幸なことが起きないように対策について理解を深める場になりました。

さて昨日1月17日は阪神・淡路大地震が発生した日です。26年前、1995年1月17日に兵庫県南部を中心にブロック塀2468箇所も倒壊する被害や、発生当時戦後最多となる犠牲者が6434人に達しました。都市型の直型地震がもたらし強い揺れは15秒間だけでした。たった15秒間のうちに多くの命が奪われてしまいました。
その為、弊社では荷物を積み上げ保管する際にはロープで固定し荷崩れが起きにくくしたり、以前も紹介させて頂きましたが防災セットの常備等、日頃できる対策を行なっております。
また本日、臨時安全パトロールを行いました。危険な箇所、異常は見当たりませんでした。

最後になりますが、
新型コロナウイルスの対策は当面の間上記の対策を徹底し行いますが、緊急事態宣言が延長されり、更なる対策を求められたときは重症化リスクや集団感染対策も視野に入れる予定です。
また安全会議やパトロールを行うことで日頃から意識して行動できるよう取り組んで参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です