板橋区への寄付実施

昨年に引き続き本年度も、微力ではございますが地域社会に貢献したいと思い、弊社の本社があります「板橋区」に寄付を行いましたことをご報告させて頂きます。

今回は、以下の2件の事業の内容に賛同し、寄付をさせて頂きました。


①『児童養護施設卒園者住まい応援プロジェクト
板橋区では、大学などに在学する児童養護施設卒園者の住まいにかかる費用を助成することを通じ、子どもたちの修学・自立のための支援を実施されています。
児童養護施設出身者の高校卒業後の進路は、進学割合が低く、就職割合が高くなっています。
その一因に、多くの子どもが高校卒業とともに施設を出なければならず、生活の基盤が失われ、学生生活を継続していくための環境が整わないことが挙げられます。子どもたちの自立を社会全体で支えていくことが必要です。板橋区では、児童養護施設卒園者の暮らしを支援し、教育の機会を保障するため、寄付を募り、これをもとに大学などに在学する卒園者に対し、家賃の一部を助成する「児童養護施設卒園者住まい応援プロジェクト」を実施されています。(出展:板橋区HP)



②『東京都指定有形文化財「旧粕谷家住宅」の保存・管理事業
板橋区は、平成30年3月に東京都指定有形文化財となった古民家「旧粕谷家住宅」の保存・管理に要する経費を「ふるさと納税を活用したクラウドファンディング」により寄付を募集しています。また旧粕谷家住宅を文化財として大切に保存しながら、地域の憩いの場、さらには板橋の郷土芸能などの披露の場として活用し、区の魅力発信に取り組まれています。

その一方で、貴重な建造物を保存する上では、フランス・ノートルダム大聖堂や首里城跡での火災による惨事が繰り返されることのないよう、歴史的な価値のある文化財の防火対策への早急な取組が求められおり、板橋区では、放水銃などの防消火設備と管理棟を旧粕谷家住宅の敷地内に整備し、防火・防犯機能の向上を図ることで貴重な文化財を確実に次世代へ継承する取り組みが行われています。(出展:板橋区HP)



今後も寄付金のほか、地域清掃や安全パトロール、町内会の活動への参加やサポート、ボランティア活動への参加、インターンシップ等の受け入れ等、様々な地域社会への貢献活動を、微力ながら続けて参りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です