森本鐵鋼産業では安全への取り組みとして下記のことをおこなっております。 それぞれの担当の役割は異なりますが、いずれも安全という目標のもとに協力しあって活動しております。

1.安全衛生委員による安全衛生活動

毎日朝礼時に「安全標語」の唱和と日々のヒヤリ・ハットを全員から聞き、安全意識を高めるようにしています。 毎月全員参加で安全大会を実施し、当月度の安全目標について意見をだしあったり、 工場内の巡回をおこなっています。また、半期ごとに安全表彰や年間安全目標の評価や分析をおこなっています。 さらに、弊社所在地周辺の清掃を毎日行い、地域住民の皆さまとのコミュニケーションをとる事で業務へのご理解を頂けるように努めております。

2.防火対策委員による活動

工場内での防火対策と消火訓練の計画・実施を主な活動としています。年3回消防訓練をおこなっております。 また、地震や台風などの自然災害への対応の為ため、地域の避難場所の確認や連絡網の整備を進めていきます。


安全標語〔安全5原則〕

― 安全第一 ―
  1.ヘルメット安全靴の着用(装備点検確認)
  2.吊り下作業の禁止(作業手順の厳守)
  3.場内の整理整頓(作業環境の維持確認)
  4.消火器、バケツの確認配置(迅速な消化防災行動)
  5.車両及び重機類、機械設備の点検確認(日常点検実施の厳守)


安全衛生管理責任者

  生産管理チーム 副主任        今井 英之
  生産管理チーム 主事         小坂 一成

防火防災管理責任者

  生産管理チーム サブリーダー     遠藤 大輝
  生産管理チーム 主事         恩田 雅彦