令和2年度「全国労働衛生週間」準備期間及び職場のメンタルヘルス対策推進キャンペーン期間

厚生労働省主催による、令和2年度「全国労働安全衛生週間」が、10月1日(木)~10月7日(水)まで実施されます。

今年のスローガンは

みなおして 職場の環境 からだの健康

です。

全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に昭和25年から毎年実施されており、今年で71回目になります。

毎年10月1日から7日までを本週間、9月1日から30日までを準備期間とし、各職場で職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催など、さまざまな取組みが展開されています。

9月1日(火)より準備期間に入り、弊社でも過重労働による健康障害防止のため、今まで以上に時間外・休日労働の削減や年次有給休暇の促進を図り、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進を行っています。

また従業員の定期健康診断を実施、結果をフィードバックし、その後の2次検診受診勧奨を行っております。特に高年齢従業員の安全と健康確保のため、高年齢労働者の特性を考慮した作業内容や働き方等の見直しを、この期間に再度検討してまいりたいと思います。


一方で当月は、東京都の職場のメンタルヘルス対策推進キャンペーン期間でもあります(9/1(火)~11/30(月)まで)。東京都では、講習会等各種取り組みを行っておりますが、弊社でも過去にメンタルヘルスケアの講義を受講しました。それ以降、当社では定期的な上長面談や専門家(社労士、産業医等)のアドバイスを受けて対応しています。


健康であることは、働く上での基本であり、上記のような「こころ」と「からだ」の健康確保対策を進めることで、これからも誰もが安心して健康に働ける職場を築いてまいりたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です