【国境なき子供たち】サンクスレター頂きました

紛争下から逃げ続けて10年目…。
シリア難民の方々は2011年から継続しているシリア内戦から逃げ続け、今年で10年目を迎えることになりました。周辺国では冬は気温が氷点下まで下がるようです。そうした場所での生活は、想像を絶するような過酷さだと思います。防寒具や暖房器具もないため冬はまさに難民にとって最も危険な季節です。

上記に記載させていただいた通り、今も危険な状況下で生活を余儀なくされています。弊社は社会貢献活動に力を入れており、以前ブログで紹介させて頂きましたが”シリア難民の子どもたちに表現の場とつながりを提供したい”をテーマに活動されている国境なき子供たちに寄付を続けさせていただいてたところ、先日、現地の子供たちからサンクスレターが届きましたのでご報告させていただきます。

*顔写真の為、ぼかして掲載させていただきます。

お手紙には新型コロナウイルスの影響を受け臨時休校していることや、学校再開に向け準備をされている先生方の姿、授業を心待ちにしている生徒の姿が書かれていました。なにより、たくさんの⽅々から⽀援をしていただけたことで今年も事業を継続できることへの感謝の気持ちと決意が込められていました。手紙でのやり取りですが、サンクスレターにはシリア難民の方々からの思いが込められていて心打たれました。微力ではございましたが寄付させて頂いたことで力になれたことを嬉しく思います。
また一日も早く内戦が終わり、豊かな暮らしが戻ることを祈っております。小さなことからではありますが、世界のためにできることを見つけ積み重ねることで社会の発展に少しでもお役に立てれば幸いです。

※詳しい説明は下記公式Webサイトからも閲覧していただけます。
HP:発展途上国のストリートチルドレンや人身売買の被害に遭った子どもなど恵まれない青少年を支援するNGO (knk.or.jp)
Twitter:国境なき子どもたちさん (@KnKJapan) / Twitter
Facebook:国境なき子どもたち(KnK) – ホーム | Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です